葬儀とお葬式の違いについてわかりやすく解説します

葬儀というのは、死者を葬る儀式のことです。

つまり、一般的には宗教家を呼んで、死者を葬る儀式です。

宗教により、仏教なら仏式、神道なら神式、キリスト教ならキリスト教式があるわけです。

また、告別式という言葉があります。これは、親族や故人と縁のある者たちが集まって、故人とお別れをする式であり、正確には、葬儀ではありません。

ただし、実際には、この両者は連続して行われることが多いので、両者は同じものだと誤解している方もおられます。
一般的に、お葬式というのは、葬儀や告別式を含む、より広い意味で使われています。

一般的な仏式のお葬式では、人が亡くなってから49日までが広い意味でお葬式なのです。死者の霊は亡くなってから、49日間はまだ行き先が決まらず、49日目に行われる審判で、極楽へ行くなどが決まるとされています。したがって、49日間はまだ死者の霊はこの夜にあり、納骨もしません。

19日の法要が終わってから、納骨を行い、それが葬式の終わりとなるのです。では、葬式はどのような順序で行われるか、簡単に説明します。まず、人が亡くなったら、その日の夕方から晩に仮通夜を行います。


元来は、親族が集まって、故人の偲ぶのですが、最近は僧侶が読経を行うことが多いです。



次に、通夜が行われます。



通夜は告別式の前日の夕方から深夜早朝まで、親族や縁の者たちが集まって、飲食しながら故人を偲びます。この通夜も最近では、僧侶を呼んで読経して焼香することが多くなってきています。葬儀と告別式は、同日に連続して行われるというか、読経して焼香して出棺し、飲食して故人を偲ぶという一連の活動になってきています。

そして、7日後に初七日の法要を行い、49日目に四十九日の法要を行い納骨します。


これで、お葬式という一連の儀式活動が終わります。



詳しく知りたいなら

葬儀のかたちは多様化しています。故人の家族や親しい間柄の人のみに参列してもらう家族葬や、通夜を省いて告別式のみ行う一日葬といった形式で行われることが増えてきました。...

more

生活の補足説明

葬儀にはいくつか種類があります。普通の仮通夜、通夜、告別式、火葬場、納骨を行う一般的なもの、家族、親族、ごく親しい知人のみで行われる家族葬、仮通夜、通夜、告別式は行わず、家族や親族などのみで火葬場で焼骨を行う直葬などです。...

more

おすすめ情報

葬儀とは、人が亡くなり、故人がこの世を去る時に残される人と最後の別れの儀式を行う事です。宗派や地域性によってマナーや決まり事が違いますので、それを良く知って失礼のないようにしましょう。...

more

納得の情報

葬儀については、仏式と神式、キリスト教式があります。一般に葬儀といえば、仏式で行われることがふつうです。...

more