葬儀の服装と知っておくべきこと

葬儀とは、人が亡くなり、故人がこの世を去る時に残される人と最後の別れの儀式を行う事です。
宗派や地域性によってマナーや決まり事が違いますので、それを良く知って失礼のないようにしましょう。
まず普通は仮通夜、通夜、告別式、火葬場、納骨と順を追って葬儀が行われます。

通夜へは礼服で行かないのがマナーです。

これは、故人の死をあらかじめ予見していたとして縁起が悪いとされるからです。最近は告別式に出られない方が香典を携えて訪れることがありますが、その際はその旨、喪主に説明するのがマナーです。


告別式の時はブラックフォーマルと言われる黒で統一した服装が良いとされます。


明治以前は黒で統一することはありませんでしたが、それ以降は黒が良いとされています。

また、喪主よりも格上の喪服は失礼にあたりますので略式のものを身に着けると良いでしょう。



男性は黒のスーツ、ネクタイ、靴下、靴、コートもできれば黒がよいですが、ない場合は暗めの色の物を選びます。女性は同じく黒のスーツ、あるいはアンサンブルやワンピースの場合はスカート丈が長いものを選びましょう。


化粧、ネイルはできるだけ避け、アクセサリーは結婚指輪程度にします。


真珠なら良いとされる場合もありますが、どうしてもつけるのであれば、黒真珠がお薦めです。

髪留めも地味な物にします。

もちろんストッキングや靴は黒で統一しましょう。葬儀が冬の場合、コートは室内に入る時に脱ぎます。屋外での焼香の場合は着ていても構いません。



また、地域によっては皮の手袋やバックなどは殺生をイメージさせるので避ける場合もありますので、注意しましょう。

お子さんがいる場合、騒いで迷惑をかける年齢であればその旨伝えて弔問を避けます。
それ以上の年齢の場合は制服やない場合は暗めの色合いの服装をさせましょう。