葬儀の種類と埋葬方法

葬儀にはいくつか種類があります。



普通の仮通夜、通夜、告別式、火葬場、納骨を行う一般的なもの、家族、親族、ごく親しい知人のみで行われる家族葬、仮通夜、通夜、告別式は行わず、家族や親族などのみで火葬場で焼骨を行う直葬などです。

家族葬は葬儀を派手にしたくないという故人の遺志がある場合が多く、一般の方の弔問や弔電、供花、香典などを辞退することが多いので、行う側は予期せぬ弔問客が来ないように配慮する必要があます。


ご案内などを用意すると親切です。

家族葬であると知らされた場合は、自分が弔問して良いのかどうかを知っておく必要があります。

一般的に遺族から直接訃報を知らされた場合と、頂いた案内に葬儀の日時や場所の詳細が記載されていた時は弔問しても構わないでしょう。それ以外の場合は遺族の意志を尊重して弔問や香典は遠慮するのがマナーです。

直葬の場合は、故人に身寄りがない、経済的な理由がある、それらではないが、葬儀自体を行いたくないという故人の遺志がある場合もあります。



仰々しくないブラックフォーマルで訪れると良いでしょう。



埋葬方法も最近は色々あります。普通に墓地墓石の下に納骨するほかに、自然葬と呼ばれる埋葬方法があります。

樹木葬、散骨、宇宙葬などです。


樹木葬は寺院の敷地内にある樹木や草花の下へ埋葬する方法、散骨は遺骨がそれと分からないくらいに粉砕し、陸や川、海などに散骨する方法、宇宙葬はロケットに遺骨を積んで、宇宙に送り出す方法です。