葬儀の違い 一般葬と家族葬

葬儀のかたちは多様化しています。



故人の家族や親しい間柄の人のみに参列してもらう家族葬や、通夜を省いて告別式のみ行う一日葬といった形式で行われることが増えてきました。
また、通夜も告別式も行わず火葬場に赴き、その場で簡単に弔いをする火葬式(直葬)や、遺骨を埋葬して木を植える樹木葬、遺骨を粉砕して海や山にまく自然葬といったやり方で行う葬儀もあります。

従来通りの形式で行う葬儀は一般葬と呼ばれています。現在ではこの一般葬よりも家族葬で行う割合が多くなりつつあります。



それでは、この家族葬と一般葬とは、どう違うのでしょうか。


まず違うのは参列者の顔ぶれです。
家族葬は、家族、親族、場合によっては故人が特に親しくしていた友人などに限定されます。


一般葬は、身内に限定されず、会社関係や近隣の人々など幅ひろく縁のあった人に会葬してもらいます。香典も、家族葬では辞退することが一般的です。

一般葬では、辞退することもありますが、受け取ることも珍しくありません。

香典を受け取った場合は、返礼品をお渡しする必要があります。

葬儀の形式も、家族葬は祭壇などはシンプルにすることが多く、一般葬では豪華なお弔いになる傾向があります。

家族葬は比較的新しい形式のため、やり方にこれと言った決まりはありません。

身内のみで行うということもあり、葬儀中に故人が生前好んだ音楽を流したり、描いた絵を祭壇の近くに飾ったりと、故人を偲ぶために、ある程度自由なかたちで行うことができます。