日本的のキリスト教式の葬儀

葬儀については、仏式と神式、キリスト教式があります。

一般に葬儀といえば、仏式で行われることがふつうです。


日本人にはキリスト教の葬儀に、あまりなじもがないことから、不慣れな人が多いのです。

キリスト教の葬儀で注意しなくてはならないことは、人の死のという考え方です。

キリスト教では、人の死はすべてが終わりうということではないことです。死は、神に召されるという考え方をしており、定められて形式はありません。

日本での仏式に合わせ、日程に合わせて、通夜、告別式をなどをキリスト教式で行うことが一般的になっています。



カトリックとプロテスタントで参列の際に注意する共通点として、お悔やみの言葉で弔意を表すことが一般的です。

式場での席順な決めれれていませんので、会場に着いた順から座っていきます。

信者でないのであれば一礼だけでよいのです。



献花を終えた時など、信者であれば十字を切りますが、信者でない時には十字をきる必要はなく、静かに一礼するだけでようにです。
信者でないときの服装は、仏式の場合と同じでよいのですが、カトリックの女性信者は、白か黒のベールを着用します。


香典の表書きには、御花料が一般的ですが、どの宗教にも共通する表書きとして、御霊前でもよいのです。



自身が仏教徒であってもキリスト教式では数珠を持参しないように注意ししなければなりません。
献花の順番などは、きちんと決まっていないので、進行役の指示に従って行います。献花は、仏式の焼香の代わり菊やカーネーシュンなどの花を霊前の献花台に捧げ、個人の安息を祈ります。